ビジネスローンの選び方情報局

ビジネスローンと銀行融資の違いと比較のポイント

【ビジネスローンと銀行融資の4つの違い】

ビジネスローンと銀行融資、いずれも金融機関からお金を借りるという点で共通していますが、大きく異なる点もいくつかあります。

まず、利用者の違いです。銀行融資は規模の大きい会社や事業者に対して貸し出します。ビジネスローンの場合は中小企業の経営者や個人事業主が利用します。

次に担保の有無です。銀行融資の場合、貸し倒れによるリスクを回避するために担保を要求することがほとんどです。場合によっては保証人が要求されるということもあります。ビジネスローンの場合は、基本的に無担保、保証人不要で借入できます。

他に限度額の違いがあります。銀行融資では数億ということもありますが、ビジネスローンでは最大でも1000万円前後です。

そして、最後に大きな違いとなるのが、金利の違いです。ビジネスローンは、銀行融資よりも審査が甘く、無担保、保証人不要で借入できるので金利が高くなっています。

【ビジネスローンと銀行融資の選び方】

ビジネスローンは銀行融資よりも金利が高いですが、審査が甘く、貸出のスピードが早いという特徴があります。経営に支障がでるような緊急事態では審査に時間がかかる銀行融資では間に合いません。

そういった時にビジネスローンが助けになります。とはいえ、長期間借入すると利息が膨らんでいき、支払総額も増えてしまいますので注意が必要です。事業計画がしっかりとしていて長期的に借入するなら銀行融資がお得です。

【銀行融資にないビジネスローンのメリット】

最大のメリットは借入の早さです。なかには即日借入できるものもあります。資金が不足しているために、一瞬のビジネスチャンスを逃すということはよくあります。ビジネスローンの場合、開業資金に利用できるので、新規開業による先行利益を受けるチャンスも得やすくなります。いざというときのつなぎ資金にも使うことができますので、事業を成功させるためにこういった仕組みをうまく活用していきましょう。